ニキビ跡のデコボコや色素沈着をケアする方法

ニキビ跡を解消する救世主とは?!

ニキビ跡のデコボコや色素沈着をケアする方法

お肌がデコボコになってしまったり、薄茶色く色素沈着してしまったり、お肌の中にこもったような赤みができてしまったりすると、鏡を見るのも嫌になってきます。 ここではそういった皆様のためにニキビ跡のデコボコや色素沈着をケアする方法をご説明しましょう。

皆様が理想とする姿をイメージしてみましょう。 毎日毎日朝起きて鏡を見るのが楽しくなり、薄化粧になって透明感ができます。 ニキビ跡の色素沈着も早く薄くなって、赤みが引いて自然な肌色に近づきます。 ニキビができたとしても大きくならずに、跡に残りにくくなるお肌になります。

こんな日常を獲得したいのではないでしょうか。 ニキビ跡をが気にならなくなれば楽しい生活が送れますね。 でも、それを実現するためには間違ったケアを改善しなければなりません。 たとえば次のようなことをしたりしていないでしょうか?

(1)リキッドファンデーションを使ったり固形のファンデーションを使って化粧している。
(2)ニキビができていても化粧で隠そうとしている。
(3)ニキビ跡にコンシーラーをつけて隠している。
(4)毎日化粧下地を使っている。
(5)紫外線吸収剤が入っている日焼け止めを使用している。
(6)Tゾーンが脂性なのですが、口元や頬は常に乾燥状態である。
(7)7年以上も石鹸洗顔をして顔を洗っている。
(8)洗顔の時に洗顔パフを利用している。
(9)オイルクレンジングを利用してマッサージをする。
(10)ニキビができたら、ついつい触ってしまったり、つぶしたりしてしまう。

こういったことに心辺りが人は、ニキビになりやすいタイプでニキビ跡が残りやすいです。 いつまでもニキビ跡が消えにくくなる間違ったケア方法の典型例です。 使ってきたアイテムやお手入れ方法が間違っているので、ニキビがなおりにくくなりニキビ跡になっている可能性があります。

ニキビ跡をなくしたいし、ニキビ跡に残りにくくなりたいし、ニキビができにくくなるにはどうすれば良いのでしょうか? つぎの三点を心がけてください。

一番目は、ニキビができたら大きくしないお手入れをしましょう。 ニキビには絶対に触らないように注意することです。 ニキビのできはじめが一番肝心で、つまんだり触ったりは禁止です。 洗顔する場合でも強くこすったりしないように注意をし、化粧水を使うならば、ニキビを刺激しないようにそっと付けるようにしましょう。

二番目は、油性成分が豊富にふくまれるような化粧品を使わないように心掛けてください。 保水力が高い化粧水を選んでお肌に潤いを与えるようにしましょう。

保湿剤が多く含まれる化粧水を使うのではなくて、保水力が高い化粧水を使うことによって不足している水分を補給するとお肌の潤いが増すことになり代謝が活発になり、その結果ニキビが大きくなるのを防ぎます。 乳液も良くありませんから使わないようにしましょう。

三番目は、ニキビ跡になってしまった場合は、早く細胞を活性化させる効果がある化粧品を使いましょう。 細胞を活性化する働きがある油分が控え目の保湿クリームを使うと、ニキビ跡が消えやすくなります。

以上ニキビ跡のデコボコや色素沈着をケアする方法をご説明しました。 この三点を実践するだけで、お肌本来のパワーが発揮されて、ニキビ跡も徐々に消えて行きますのでお試しください。