症状にあった対策をしてニキビ跡改善をしましょう

ニキビは悪化させないようにするのが鉄則です!

症状にあった対策をしてニキビ跡改善をしましょう

ニキビができる場合には、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビと段階がありますが、ニキビ跡にも種類があって(1)赤みがポツンと残るタイプ(2)色素沈着が残るタイプ(3)デコボコのクレーターが残るの3種類のタイプに区分されます。 それぞれの種類を説明いたしますので、ご自分の症状にあった対策をしてニキビ跡改善をしてゆきましょう。

一番目の、赤みがポツンと残るタイプを説明いたします。 このタイプには炎症によって鬱血してしまい赤くなっているパターンとお肌の内部に炎症が残ってしまっていて赤くなっているパターンの2パターンがありますが、基本的にはお肌のターンオーバーによって表皮の新陳代謝が行われることによって解消される比較的初期段階で問題の少ないタイプです。

約28日間の周期でお肌のターンオーバーが行われますから、もしも28日以上経過しても改善する気配がない場合は、ターンオーバーが正常にされていないことが考えられます。 そういった場合は、睡眠時間を充分にとったり食生活を見直したりして正しい生活環境にすることです。 基本的な生活習慣を改善するとこのタイプは簡単に解決できるレベルです。

二番目は、色素沈着が残るタイプになります。 このタイプの特徴は茶色がかった跡ができたり黒ずみができたりしますが、その原因になるのは炎症が起こることによってお肌を守るためのメラニンが発生することです。 メラニンというのは紫外線からお肌や細胞を守ってくれる色素のことです。

ターンオーバーが乱れているから、メラニンがお肌に残ってしまって黒ずんでいると考えられます。 一番目と同じように基本的な生活習慣を改善するとともに、ニキビ跡専用の化粧品を使って薄くするようにしてみましょう。

三番目は、デコボコのクレーターが残ってしまうタイプになります。 三つの中で最も手強いのがこのタイプになりますが、炎症が酷い状態で皮膚の深い部分まで傷つき大きなダメージをうけて非常に目立つ凸凹したクレーター跡が残っています。

完全に元通りの綺麗なお肌になるのはとても難しいですが、できるだけお肌の状態を改善することによってクレーターを目立ちにくくすることは可能です。 ニキビ跡専用化粧水などのスキンケア用品を使ってやさしく念入りにケアするしかありません。

ニキビ跡専用化粧水の一番の特徴点は、お肌の表面を一時的に柔らかくすることで、ニキビ跡が治らない原因のひとつはお肌の表面が硬いからです。 お肌の表面が硬いとニキビなどのトラブルの元になりますから、ニキビ跡を確実に治したいのならまずはお肌の表面を柔らかくしなければなりません。

このように、症状にあった対策をしてニキビ跡改善をするようにしましょう。 できるだけ酷い状態にならない時点でのスキンケアが大切で、ポイントになるのはお肌のターンオーバーを正常するすることです。