ピーリングでニキビ跡を治療する方法

ニキビ跡に有効なピーリング治療とは?

ピーリングでニキビ跡を治療する方法

ピーリングは、古い角質を除去して新しい角質を再生させることで、ニキビ跡を根底から治療する有効な方法として注目されています。ここでは、ピーリングでニキビ跡を治療する方法をご紹介しましょう。

ピーリングは薬品や化学製品を使いますが、ピーリング剤には使用制限が設けられています。 30パーセントを超す高い濃度のピーリング剤は医師の指導の下しか使用できません。 市販のニキビ化粧品に利用されているピーリング剤の濃度は1%から10%程度でニキビ治療の効果にはあまり期待はできないかもしれません。

ピーリングは濃度が高い方が効果も高くなり、濃度が同じであってもクリニックやメディカルエステで使われている薬剤によってはニキビ跡に対する効果や作用は違ってきます。 ではピーリングで利用される成分についてまとめておきましょう。

一番目は、フルーツ酸(AHA)です。 AHAはαヒドロキシ酸の省略で、リンゴから取れるリンゴ酸や牛乳から取れる乳酸もAHAに含まれます。 AHAをお肌に塗ることにより、角質層の結合を弱めて古い角質を剥がれやすくし、ニキビ治療に効果的なピーリング剤として有名です。 比較的安全性が高いニキビ跡治療の方法ですが、アトピー性皮膚炎をお持ちの人は利用できない場合があります。

二番目は、BHAでです。 BHAはβヒドロキシ酸の省略で、果物に含まれているサリチル酸はこれに該当します。 毛穴の奥深くまで浸透してくれますから、ニキビ症状では重い段階になる黒ニキビに有効なピーリング剤ですが、ピーリング効果が強すぎるのでお肌のきめが細かい日本人のお肌には合わないという指摘もあります。

三番目は、アスコルビン酸誘導体です。 身体の内部でビタミンCに変化する物質で、ホームエステで利用されるピーリング剤で、軽度のニキビ跡には効果が期待できます。

四番目は、レチノールです。 レチノイン酸と言われる場合もありますが、ビタミンAの一種になります。 他のピーリング剤のように角質を表面から剥がすのではなくて、ターンオーバーを促進させる目的のピーリング剤でニキビ跡に直接働くものではないです。

それでは、メディカルエステでピーリングを使ってニキビ跡をケアする方法を説明します。 メディカルエステでは、果物や植物から抽出されるAHAピーリングを使ってニキビ跡をケアするケースが多いです。 ピーリング剤を利用して古い角質を剥がし、お肌再生のサイクルが乱れているのを正常化します。

個人個人のお肌質が違いますから、どういったニキビ跡の状態でも同じピーリング剤が効果的だとは限りません。 ピーリング剤がきつすぎてお肌トラブルが加速される場合もあるので、10種類以上のピーリングからそれぞれ組み合わせて、症状にあった施術をしてくれるところがあります。

以上、ピーリングでニキビ跡を治療する方法をご紹介しました。 メディカルエステでは、お肌に負担をかけないように施術していますから、お化粧をして帰宅も可能です。 皮膚科の治療となると、暫く化粧しないようにアドバイスされます。 ケア後も油断せずに、日焼けと乾燥にはご注意ください。