クレーターが残るようなニキビを作らない

ニキビができないよう意識改革が必要

クレーターが残るようなニキビを作らない

ニキビを早く治したいために、自分で潰してしまった経験はありませんか?その際指についた雑菌が皮膚に付着する事で炎症が生まれ、クレーターのようなニキビ痕に繋がってしまうこともあるようです。

1度クレーターのようになったニキビ痕を治すためには大変時間を必要とします。ですから、まずはニキビができないような意識改革をしていく事が重要です。

例えば十代の頃にできる、ホルモンバランスの乱れがきっかけのニキビの場合は、ニキビ専用のスキンケアアイテムを活用することや、ホルモンバランスを良くしてくれるようなサプリメントを飲むこと、また病院で専門のお医者さまに診察してもらい、ニキビ改善の薬を出してもらう方法があります。クレーターのようなニキビ痕になる前に治してしまう事が大事なのです。

クレーターになるようなニキビは何を意味しているかというと、その皮膚の奥にある真皮層部分の細胞が壊れてしまったという意味になります。ですからしっかり睡眠を取っても、バランスの良い食生活を意識したとしても、クレーターのリスクはなくならないままです。

酷くない場合はニキビ改善のスキンケアアイテムを続けて使う事で治ることはあると聞きますが、すでに刻まれてしまったクレーター改善には、美容皮膚治療でなければ治すのは難しいです。

フラクセルやフォトRFですね。但し上記のような治療を用いても、1回受けただけでは完治させることは難しく、一定期間をあけて複数回治療を行う必要があります。お金も掛かりますし、場合によっては痛みを感じることもあるため、懐にもメンタルにも痛いものだと覚えておいて下さい。

患者さんのストレスやダメージ軽減のために、年々美容皮膚器具も進化を見せてきています。痛みが薄い治療も増えていますし、どんな人でも気軽に美容治療に掛かることのできる日が来るのも、そう遠くないのかもしれません。その日まで、クレーターのニキビ跡を作らないよう、気をつけてください。